特別な資格がいらない医療事務の研修で重視している点とは

医療事務

会計が間違っていることはよくある

眼鏡

病院や診療所での受診が終わると会計をして帰ると思いますが、その会計の金額、点数というものは診療報酬制度に基づく、実際にやった医療行為を算定して、その合計が自己負担額に応じた割合で支払いが必要になります。そして病院、診療所によっては領収書だけでなく、診療報酬明細書もつけてくれるところもあります。すごく丁寧でいいのですが、素人がみたところで、この診療報酬明細書が正しいかなんてわかりません。
しかし実は病院や診療所がしている会計って間違っていることがけっこうあるのです。しかし患者さんとしてはなかなか間違っていることに気づきません。誤った会計のため合計金額が間違っているということも十分にありえるので、あなたも過去に受診してお支払いした金額は、実は払い過ぎているかもしれません。そしてこの現象は診療所より病院の方が起きやすいです。
なぜかというと、診療所は行われる医療行為はある程度絞られているのですが、病院は医療行為が幅広ければ、複雑化、高度化しやすいので、それに伴い会計担当者は誤った算定をしやすいのです。病院は誤った会計を入力し、お金をもらいすぎたまたはもらわなさすぎた場合、患者さんに電話することもあれば、電話しないこともあります。それは病院によるし、気づいたタイミング等によって病院の判断は変わります。

男性

医療事務とは何をするのか

医療系の仕事の一つに事務があります。それが医療事務であり、これがかなり人気があります。どんなことをするのか、といいますと要するに受付業務、請求書の発行、保険の計算、患者の案内などになります。医療…

MORE
女性

医療事務をしたい人の求人の探し方

医療事務はとにかく求人に人気がありますから、しっかりと探すことです。すこしでも早く情報を集めることができるようにしておくことです。そのために活用するべきはインターネットになります。これがあればかなり素早く情報を集めることができるようになります。…

MORE

RECOMMENDED POST

TOP